(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *八潮のアレフ施設で器物損壊
本文テキスト  施設のドアを叩き、インターフォンを鳴らす不審者がいるとして、埼玉県八潮市のアレフ関係者から、4月29日、草加署に通報があった。署員が駆けつけた時に不審者は確認できなかったが、施設の1階と2階の窓ガラスが数枚割られていた。被害を受けた施設は同教団では最大級であり、セミナーの開催などで信者が全国から集まる。
 同署は5月29日に、器物破損の容疑で自称自営業の25歳男を逮捕。男は取り調べで、施設に行ったことを認めながらも容疑を否認。また、アレフが出て行くことを望んでいるという。同施設の防犯カメラにはライフル銃のようなものを持つ男が写っており、家宅捜索では、同様の形状をしたエアガンのようなものが見つかっている(読売・東京4/30、埼玉・さいたま5/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center