(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *キリシタン資料館、開設相次ぐ
本文テキスト  長崎県南島原市は4月4日、「有馬キリシタン遺産博物館」をオープンさせた。同館は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産への登録をめざす「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産である、原城跡と日野江城跡の歴史的価値を伝えるもので、キリシタン文化の伝来・繁栄と弾圧・復活をテーマにした展示室があり、市内のキリシタン関連資料を収蔵している。藤原米幸・南島原市長は同館を「世界遺産登録を推進する拠点」と位置づけている(長崎・長崎4/5)。
 4月25日には、2015年1月に長崎市浦上地区に「浦上キリシタン資料館(仮称)」が開設される予定であることを、カトリック長崎大司教区が発表した。潜伏キリシタンがカトリック神父に名乗り出た「信徒発見」から150年を記念する事業の一つで、世界遺産に関する情報も発信する。資料館は浦上地区で生まれ育った出版社経営の女性が計画し、長崎大司教区が支援。浦上天主堂近くのマンションの1階に設けられ、信仰や迫害の歴史を伝える資料を展示する予定(長崎・長崎4/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center