(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *セウォル号沈没事故に対する日本側の反応
本文テキスト  4月16日に起こった韓国・珍島沖での「セウォル号」沈没事故を受け、在日大韓民国民団中央本部では献花台が設けられた。安倍総理は4月28日、同本部を訪れ、記帳と献花を行った。岸田文雄外務大臣も同日に献花をした(読売・東京4/29、毎日・東京4/29ほか)。30日には、日本共産党の志位和夫委員長(赤旗5/1)、5月13日には舛添要一東京都知事が献花をした(東京・東京5/14)。
 5月11日には、善光寺(長野市)で、寺院の僧と民団県地方部の関係者らでつくる実行委員会が主催する「喪われし尊き命を偲ぶ会」が開かれた。追悼法要後、韓国アカデミー少年少女合唱団などの小学生らが、歌や踊りを奉納した(信濃毎日・長野5/12)。
 5月25日には、京都府舞鶴市の「田辺城まつり」で韓国民団舞鶴支部などが「サムルノリ」という打楽器を演奏しながら踊る伝統芸能を披露した。民団舞鶴支部支団長は、沈没事故の犠牲者への「鎮魂の思いも込めたい」と話した(京都・京都5/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center