(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *長野の団体、死別体験者向けの冊子配布
本文テキスト  長野県中信地方の団体「ケア集団ハートビート」が、死別の悲しみとの向き合い方や手続きなどをまとめた冊子『大切な人を亡くしたときの手引―長野県・中信地方版』を作成したことが、4月7日わかった。地元の医療機関や福祉施設などに無料で配る予定。ハートビートは、2006年に松本市白坂の住職飯島恵道さんや、信州大医学部の山崎浩司准教授ら松本市内の大学研究者、中信地方の死別体験者ら10人ほどで発足した。冊子は、英国の国民保健サービス(NHS)発行の冊子を参考とし、日本の実情や中信地方の慣習などを踏まえ、死別直後に必要な手続きや葬儀の出し方、臓器提供への対応、死別後の悲しみと向き合う心構えについて助言し、相談できる支援団体などを紹介している(信濃毎日・長野4/7)。
Copyright(c) Religious Information Research Center