(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *本願寺御影堂・阿弥陀堂が国宝に昇格へ
本文テキスト  文部科学省の諮問機関である文化審議会は5月17日、下村博文文部科学大臣に対し、本願寺(通称・西本願寺、京都市下京区)の御影堂(ごえいどう)と阿弥陀堂を新たに国宝に指定するよう答申した。宗祖・親鸞の像が安置されている御影堂は1636年、阿弥陀如来像が安置されている阿弥陀堂は1760年の建立で、現存する近世の木造建築物としては最大級。浄土真宗本願寺派本山の象徴としての価値が評価された。同宗の園城義孝総長は「(両堂は)浄土真宗のみ教えに生きるものにとって心のふるさと」と喜びを表した(読売・東京5/17、毎日・東京5/17、京都・京都5/17)。
 同時に、門前町にある1919年建立の伝道院が新たに重要文化財に指定され、本山を参拝する門信徒の減少に悩む門前町からは、喜びの声が聞かれた(読売・京都5/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center