(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *サッカーW杯、八咫烏(やたがらす)にちなむ神社で祈願
本文テキスト  サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に際し、日本サッカー協会のシンボルマークである八咫烏にゆかりが深い神社で必勝祈願がなされている。
 鹿児島県いちき串木野市の市来(いちき)神社では、八咫烏を祀っており、2008年から日本サッカー協会公認のお守りや絵馬などの販売を始めたことから、今回のW杯に際し県外から参拝客も増えている(読売・鹿児島5/27)。また、日本サッカー協会の顧問や会長らは、八咫烏と深い関係を持つ熊野三山を訪れた。熊野那智大社では玉串を奉納し、W杯での勝利を祈願した(毎日・和歌山5/29、紀伊民報・田辺6/30)。八咫烏を祭神とする下鴨神社(京都市)では、5月31日に、日本代表の勝利を祈願した蹴鞠が催された(東京・東京6/1ほか)。また、同社では勝利を祈願したお守りである「カチマル守」も頒布された(朝日・京都6/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center