(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年4月-6月
号数 63
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *日光東照宮の霊園が完成、販売開始へ
本文テキスト 4月8日、日光東照宮が建設を進めてきた霊園「春秋の郷」の竣工式が行われ、15日までに第1期600区画分が売り出された。2015年に徳川家康の400回忌を迎えるのを記念する事業の一つで、神社が経営するものとしては国内最大規模の、5千基分の墓地を擁する霊園となる予定。現地には陽明門の屋根に似たデザインの墓石の見本も展示されている。同宮の稲葉久雄宮司は霊園建設について「(東照宮の)安定した運営の基盤となる事業」と位置づけており、「墓地購入者は東照宮の祭事などの奉仕者にもなっていただければ」とも期待している(下野・宇都宮4/10、東京・東京4/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center