(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ボスニア・ヘルツェゴビナ
記事タイトル *W杯応援でイスラム系国旗が散見
本文テキスト  1992〜1995年にかけて、カトリック系、正教系、イスラム系の3民族は独立をめぐり内戦状態にあった。未だに3民族の対立は根深いが、6月13日に開幕したサッカーW杯に民族統一チームで初出場を果たした。地元ではほぼすべての飲食店が大画面のテレビを設置し、国旗を身にまとった若者が通りにあふれた。しかし、その中に内戦中に用いられたイスラム系の旧国旗を掲げるものが散見され、波紋が広がった。同国旗は現在ではイスラム系民族主義者が使うものとみなされており、カトリックや正教の市民は抵抗感を隠さない。イスラム系住民の中にも困惑が見られた(産経6/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center