(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ボスニア・ヘルツェゴビナ
記事タイトル *第一次世界大戦100年めぐり、民族間で不協和音
本文テキスト  6月28日、第一次世界大戦のきっかけとなったオーストリア皇太子暗殺事件がおきたサラエボで追悼式典が行われた。暗殺の実行犯はセルビア民族主義者のプリンツィプだが、近年、セルビア人は同人物を民族解放の英雄として扱い、同月27日には市内のセルビア人居住区にて銅像の除幕式が行われた。この状況に対しクロアチア人やボシュニャク人(かつてはムスリム人とも)は懸念を強めている(毎日6/29ほか)。また、式典にはオーストリアをはじめとする各国の首脳が参加したが、会場となった図書館の銘板には「セルビア人犯罪者」がボスニア紛争時の1992年に図書館を焼いたとの記述があること、式典を主催したサラエボ市職員の大半がイスラム教徒のボシュニャク人であることを理由に、セルビアのニコリッチ大統領とブチッチ首相は式典への出席を拒否。ボスニア・ヘルツェゴビナのセルビア人自治共和国も別個に式典を開催するなど、歴史認識をめぐり民族間の不協和音が顕著となった(東京6/29ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center