(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ウクライナ
記事タイトル *復活祭に正教指導者がロシアを非難
本文テキスト  ロシアとの対立が続く中、4月20日の復活祭に際し、ウクライナ正教会(キエフ総主教庁系)のフィラレート総主教は、ウクライナは一方的な侵略を受けたとし、神が侵略者の味方をするはずがないとロシアを非難した。一方、ロシア正教会のキリル総主教も同日、ウクライナの政権が「合法的に選ばれるように」との皮肉を込めた祈りを捧げたという。キリル総主教は、ロシアとウクライナは政治的には別の国だが、「神の前では一つの民」とも主張した(朝日4/21)。
 なお、ウクライナ正教会は、キエフ総主教を長とみなす教会と、モスクワ総主教を長とみなす教会に分裂しており、フィラレート総主教は前者。世界の正教会の中でウクライナ正教会として認められているのは後者。
Copyright(c) Religious Information Research Center