(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ナイジェリア
記事タイトル *ボコ・ハラムが女生徒誘拐、テロ頻発
本文テキスト  4月15日、ボルノ州で全寮制の中学校がイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(西洋教育は罪)」に襲撃され、女子生徒200人以上が誘拐された。同組織はナイジェリアの教育方針がイスラム教の教えに反していると非難しており、誘拐した女生徒を奴隷として隣国に売ると述べている(日経5/8ほか)。5月12日には拉致された生徒が全身を覆うヘジャブを着用し、コーランの一節を唱える様子が撮影された映像が公開され、生徒解放の条件として逮捕されているメンバー全員の釈放が要求された(読売5/13ほか)。ナイジェリアではボコ・ハラムによるものとみられるテロが頻発しており、4月14日にはバス停での爆発で71人が死亡(東京4/15ほか)、5月20日には車に積まれた爆弾が爆発し118人以上が死亡(毎日・夕5/21ほか)、6月6日には3つの村が襲撃され、少なくとも200人が殺害された。同国内で4月からの3ヶ月間で起きたテロは11件を数え、犠牲者は640人以上にのぼっている(日経6/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center