(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *パレスチナ統一政府の発足
本文テキスト  6月2日、パレスチナ自治政府主流派のファタハとガザを実効支配するハマスによる暫定内閣人事が発表された。閣僚の多くはファタハ、ハマスに属さない知識人らで、首相には現職のハムダラ氏が就任。半年後に議長、評議会(国会にあたる)選挙を行い、統一政府を正式に発足させる予定(毎日6/3ほか)。
 和平を目指すファタハと「イスラエルの生存権」を認めないハマスは競合関係にあり、ハマスがガザ地区を占拠した2007年6月以降、ヨルダン川西岸パレスチナ自治区をファタハが、ガザ地区をハマスが統治する状態が続いていた。しかし2013年7月にエジプトのモルシ政権が倒されて以来、エジプトから物資や燃料を供給する密輸トンネルが破壊され、ガザは経済的に困窮。ファタハも和平交渉が行き詰まるなか、統一政府樹立によって求心力をとりもどす狙いがあり、両者は4月23日に統一政権樹立で合意していた(毎日4/28)。
[→イスラエル参照]
[→『ラーク便り』60号40頁、61号43頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center