(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *SNS上で女性の装いめぐり論争
本文テキスト  米歌手ファレル・ウィリアムスさんのヒット曲「Happy」に合わせ、ヘジャブをまとっていない男女6人が歌い踊る動画が問題視され、5月20日、動画制作に関わった13人が逮捕された。事件は国内外で波紋を呼び、ロウハニ大統領は、大統領選で保守強硬派を破った際の「幸福は人々の権利である」とする自身の発言をfacebookに投稿、逮捕が行き過ぎた措置であるとの見方を示した。動画は2014年3月に動画サイトYouTubeに投稿され、約16万5千回再生されていた(SANKEI EXPRESS5/23)。
 イランでは2013年のロウハニ政権発足以降、フェイスブックの利用が解禁され、女性の服装などへの規制緩和要求が強まっている。5月3日にはフェイスブック上に「イラン女性のひそかな自由」とするページが開設され、女性たちが頭髪を覆うヘジャブを公の場で脱いだ写真が投稿された。閲覧者は20日間で34万人にのぼったが、全身を覆う衣服「チャドル」を着た女性たちのデモや、宗教指導者の批判など反発の動きもみられる(信濃毎日・夕5/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center