(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *教皇の中東歴訪、宗教間対話訴え
本文テキスト  5月24日から26日にかけてローマ教皇フランシスコがヨルダンの首都アンマン、パレスチナ自治区ベツレヘム、聖都エルサレムの聖地を訪れた。中東歴訪の目的のひとつは東西教会の和解と協力の確認で、1964年、当時のローマ教皇パウロ6世と正教会のアテナゴラス・コンスタンチノープル総主教とのあいだで合意された歴史的和解から50周年を記念し、現コンスタンチノープル総主教のバルトロメオ1世とともに聖墳墓教会(ゴルゴダの丘の上に建てられたとされる)で合同礼拝を行った(毎日5/24ほか)。
 教皇の中東歴訪には母国アルゼンチンのイスラム教、ユダヤ教指導者が随行し、最終日には現地のイスラム教指導者(グランド・ムフティ)、ユダヤ教導師(チーフ・ラビ)らと会談した。教皇は3大一神教の緊密な関係を平和構築の基礎とするよう呼びかけた(カトリック6/1ほか)。
 エルサレムではイスラム教の聖地「アルアクサ・モスク」、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」で祈りを捧げ、シオニズム(ユダヤ人国家建設運動)指導者のテオドール・ヘルツルの墓、(パレスチナ人による)テロ犠牲者追悼碑、ホロコースト記念館を訪れた。ヘルツルは1904年、当時の教皇ピオ10世にシオニズムへの支持を拒否されており、教皇が墓を訪れるのは初めてのこと(毎日5/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center