(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン
記事タイトル *TTP掃討作戦により25万人以上が避難
本文テキスト  シャリフ政権は6月15日、「パキスタン・タリバン運動(TTP)」などの武装勢力との対話路線を破棄し、北西部の北ワジリスタン地区で同勢力に対する全面的な軍事作戦を開始した。パキスタン軍は同地区に断続的な空爆を実施し、同月20日までに、TTPのメンバーら約252人を殺害(毎日6/22ほか)。これに伴い、同地区の推定人口約60万人のうち、25万人以上の住民が別地域に避難を余儀なくされた。世界保険機関(WHO)によると、同地区ではTTPの宗教指導者によりポリオの予防接種が禁じられていたため、避難民の多くが予防接種を受けておらず、避難先での感染症対策が緊急の課題となっている。TTPは、2011 年に故ビンラディン容疑者の潜伏先の特定に予防接種運動を装った医師らが関与したとし、ポリオ予防接種スタッフをスパイ視している(毎日6/26ほか)。
[→『ラーク便り』62 号40頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center