(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン
記事タイトル *著名ジャーナリスト、武装集団から銃撃
本文テキスト  民放テレビ局「ジオ・テレビ」のニュースキャスターを務め、国内で最も著名なジャーナリストの一人であるハミド・ミール氏が4月19日、南部カラチで武装集団の銃撃を受けて重傷を負った。ミール氏はアルカイダ指導者であった故ウサマ・ビンラディン容疑者と単独会見を果たしたほか、女子教育の権利を訴えるマララ・ユスフザイさんを番組に出演させ、世に知らしめるきっかけを作るなど、率直な報道姿勢と厳しい軍批判に定評がある。ミール氏は事件前に、自分の身に何かあればパキスタン情報機関の3軍統合情報部(ISI)のイスラム長官の仕業だと語っていた。軍は事件の関与を否定したが、国内各地でISIを非難する抗議デモが行われた(朝日4/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center