(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *最高裁がトランスジェンダーを容認
本文テキスト  インド最高裁は4月15日、自身の性認識と性別が一致しないトランスジェンダー(TG)を「第三の性」として容認する判決を出した。これらTGの多くには、肉体的に男性、あるいは半陰陽(身体的・遺伝的に性別の判断が困難な状態)でありながら女装し、女性のように振る舞う「ヒジュラー」と呼ばれるアウトカーストの人々が含まれる。ヒジュラーは古くから、祝福を与える特別な力があると信じられ、新生児の誕生や婚礼の席において、歌や踊りを披露するために呼ばれたりする一方、不浄のものとして社会的に差別を受け、物乞いや売春を余儀なくされてきた。首都ニューデリーでは同月19日、判決を祝うための集会が開かれ、豪華なサリーを着たヒジュラーたちが踊りを披露した(毎日4/25ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center