(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ブルネイ
記事タイトル *新イスラム刑法、より「厳格」な内容に
本文テキスト  4月30日、国王によりイスラム法を厳格に適用する新刑法の施行が発表された。段階的に施行が始まり、5月1日からは金曜礼拝の不参加や断食破り、未婚の妊娠を罰金、禁固の対象とする。2014年のうちに窃盗犯に対するむち打ちの刑が、2015年までに同性愛、不倫に石打ちによる死刑が科されるという。人権団体や国連は懸念を表明しているが、国王は「外国の同意は期待していない」と一蹴。外国人の流入が進むなか、旧来の倫理観やイスラム法を重視する必要に迫られているとの見方もある(東京5/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center