(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *クメール・ルージュ時代の失われた記憶
本文テキスト  ポル・ポト政権下で行われた左翼勢力の粛正と強制労働により、数百万人が命を落としたと言われる。映画『消えた画/クメール・ルージュの真実』(原題The Missing Picture)は、カンボジアの大地からつくられた土人形たちによる「語り」と、わずかに残された記録映像とを組み合わせ、失われた記憶をたずねる異色のドキュメンタリー。監督は少年時代に労働キャンプで父母を亡くし、20年以上にわたり大虐殺を主題にした映画を撮り続けてきた巨匠リティ・パニュ氏。13歳のときにキャンプから逃亡し、パリで映画製作を学んだ。映画は色鮮やかな土人形と、色を失い労働の「頭数」となった人間との対比により、ポル・ポト政権の欺瞞をあぶり出す構成(日経・夕5/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center