(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *加害者に問う「虐殺」の記憶
本文テキスト  1965年9月30日、クーデター未遂事件に始まる共産党弾圧の過程で、共産党員、共産党シンパとされた100万人以上が虐殺された。映画『アクト・オブ・キリング』は、スマトラ中部で千人以上の虐殺に関わったヤクザ者、アンワル・コンゴらによる虐殺再現映画の制作過程を記録したドキュメンタリー。米国人監督のジョシュア・オッペンハイマー氏は、被害者遺族のドキュメンタリー制作が妨害に遭うなか、加害者を主人公とする逆転の発想で事件を問う作品を仕上げた。インドネシア社会はその後30年以上「9.30事件」での虐殺を肯定しており、事件に関する議論はタブー視されてきたが、1998年のスハルト体制崩壊以降、徐々に事件を題材とした小説や映画が発表されている(読売・夕4/11)。
Copyright(c) Religious Information Research Center