(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆モンゴル
記事タイトル *モンゴル遺跡の染織品と正倉院宝物が同じデザイン
本文テキスト  モンゴル・ウランバートルの約160km西にある「ザーマル僕固乙突(ぼくこおつとつ)墓」とその約30km南の「オラーン・ヘレム墳墓」から出土した染織品の断片の文様が正倉院宝物と同じデザインであることがわかった。これらの墓は6〜7世紀にシルクロード一帯を支配した遊牧民国家である突蕨(とつけつ)時代の有力者を葬ったものとされ、染織品は2009〜2011年に出土したもの。これらのうちモンゴル美術館や博物館に所蔵されている多数の染織品を帝塚山大学の村上智見・日本学術振興会特別研究員が、2013年からモンゴル国際遊牧文明研究所と共同で調査し、約20点の模様について正倉院宝物の「赤地小花連珠文錦(あかじしょうかれんじゅもんのにしき)」と同一だと確認した。同デザインでは円で囲まれた八弁の花と、ひし形をした四つ葉の花の模様が交互にあしらわれている(読売・夕6/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center