(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 63
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *震洋隊の神社遺構初めて発見される
本文テキスト  南部の高雄市で大規模な震洋隊(旧日本軍特攻艦「震洋」部隊)の宿営地跡と「震洋神社」の遺構が発見された。旧日本軍が軍用地などに創建した神社は営内神社と呼ばれ、日本では数多く確認されるが、震洋隊跡地で「震洋神社」の遺構が見つかったのは初めて。営内神社は軍が管理した神社として近代の戦争と宗教を理解する上で重要なもの。2013年6月から高雄市左営区自助新村の移転に伴う住宅撤去作業が始まり、その際に地下から17の防空壕と、高さ4mの城壁の上にコンクリート製で側面に玉石が埋め込まれた構造物(高さ68cm)が発見された。2014年2月、この構造物は震洋隊が建てた「震洋神社」の基壇で、周辺の防空壕は震洋隊の宿営地跡だと判明した。基壇の上には木造のやしろが建っていたとみられ、神社の基壇手前の参道際から「三つ巴」の神紋も見つかった(毎日5/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center