(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【8.北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *死刑に用いられる薬物が調達困難に
本文テキスト  死刑執行の際に用いられる薬物の調達が困難になっている。米国では1980年代より薬物注射によって死刑を行うようになっていたが、使用される薬物の製造元である欧州の製薬会社数社が、2010年ごろから死刑使途での薬物の販売を拒否するようになった。1月にはオハイオ州で、別種の薬物を使用したために死刑囚が長時間苦しみ、憲法が禁じる残酷で異常な処罰にあたるとして遺族が訴えを起こす事件も起きている。一方で、被害者が受けた苦しみよりは人道的だとする被害者遺族の意見もあり、見解の対立が見られる(毎日2/11ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center