(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ベルギー
記事タイトル *未成年の安楽死、合法化へ
本文テキスト  2月13日、下院は安楽死の年齢制限を撤廃する法案を賛成多数で可決した。上院は2013年12月に法案を可決しており、国王が署名し次第発効する。治癒の見込みがなく、耐え難い苦痛があること、本人に十分な判断能力があり自主的な希望を繰り返し述べていること、親と主治医の同意があることなど、多くの条件があることから、実際に適用される例は限定的と見られる(毎日・夕2/14ほか)。2013年秋の世論調査では74%が合法化に賛成したが、宗教団体を中心に反対も根強く、少なからぬ医師が苦痛や不安は医学的にコントロール可能として強く反対している。下院の投票を前に「抗議の祈り」を捧げるカトリック教会も見られた(Newsweek1/21、2/25ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center