(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *ナチス抵抗運動家、霊廟パンテオンに移葬
本文テキスト  オランド大統領は2月21日、ナチスに殺害された抵抗運動家を追悼する式典をパリ郊外のモンパルナスで主催し、4人の元抵抗運動家をパンテオンに移葬すると発表した。パンテオンは同国の国民的英雄を顕彰するための霊廟で、移葬には遺族の同意が必要となる。ナチスの強制収容所に送られたものの生き延び、戦後、その体験を人類学の立場からまとめ、また北アフリカのイスラム教徒の女性に関する多数の論文を発表したジェルメーヌ・ティヨン氏と、国際NGO「ATD第四世界」の代表を務めたジュヌビエーブ・ドゴール氏はパンテオンで顕彰される3人目と4人目の女性となる(赤旗2/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center