(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *教皇、中国との関係正常化に期待表明
本文テキスト  教皇は、3月5日付『コリエレ・デラ・セラ』紙のインタビューで、2013年3月、中国の習近平国家主席の就任に際し書簡を送り、習国家主席から返信があったと明らかにした。さらに「私たちは中国と近しい間柄だ。すでに関係を持っている」と述べ、関係正常化への期待を表明した(毎日・夕3/8)。3月19日付の中国系香港紙『文匯報』はバチカンと中国の公式接触が年内に再開される可能性を報じている(産経3/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center