(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *聖職者による性的虐待問題で諮問委員任命
本文テキスト  ジュネーブで開かれた国連・子どもの権利委員会に出席した教皇庁の代表者は1月17日、聖職者による児童の性的虐待問題に関し6時間にわたる質疑に答え、2011〜12年に未成年への性的虐待で免職処分(諭旨免職含む)を受けた聖職者は384人と明かした(読売1/19ほか)。同委員会は2月5日付の報告書で、教皇庁は犯罪規模を認識しておらず、監督責任を果たしていないと厳しく批判。教皇庁は子どもの権利保護に努める意向は示したものの、報告書に同性愛や妊娠中絶・避妊などをめぐる教会の立場への批判も含まれたことは「教義への干渉で、遺憾」と表明した(毎日2/15ほか)。教皇は3月22日付で、問題解決に向け8人の諮問委員を任命した。委員には、自らも司祭による性的虐待の被害者で、被害者保護のためのNGO代表を務めるアイルランドのコリンズ氏や、前任者が性的虐待で辞任した後、賠償や組織改革に取り組んでいるボストン大司教のオマリー枢機卿などが含まれる(朝日3/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center