(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *財務監督機関で人事相次ぐ
本文テキスト  教皇庁は1月15日、宗教事業協会(通称:バチカン銀行)を監督する委員5人中4人が交代したと発表した。マネーロンダリング疑惑や不透明な運営に批判が集まるなか、改革の大なたをふるう格好となった。退任したのはベルトーネ前国務長官らで、5年の任期の大半を残しての退任であることから事実上の更迭とみられる。後任はパロリン国務長官や、ウィーン大司教のシェーンボルン枢機卿など(東京1/17)。30日には、ベネディクト16世によって2010年に新設されたバチカンの財務情報を監視する独立機関「財務情報監視局」の局長を務めてきたニコラ枢機卿の退任も発表された(朝日2/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center