(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イタリア
記事タイトル *伊東マンショの肖像画、鑑定作業が完了
本文テキスト  ミラノのトリプルツィオ財団のディリコ氏は、2009年にイタリア北部の個人宅で発見された絵画が、16世紀後半に九州のキリシタン大名の名代としてヨーロッパへ派遣された天正遣欧使節の正使、伊東マンショの肖像であるとする論文を3月18日付同財団機関誌に発表した。1585年のベネツィア共和国訪問時の姿を、ドメニコ・ティントレットが描いた油彩画で、絵の裏にMansioなどと記載があるという。マンショら4使節の肖像画が描かれたとの記録はイエズス会士の書簡などで知られていたが、現物の絵画は消失したものと考えられてきた(読売3/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center