(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆パレスチナ
記事タイトル *映画『自由と壁とヒップホップ』
本文テキスト  2月に大阪・東京で公開された『自由と壁とヒップホップ(Slingshots Hip Hop)』はパレスチナ人のあいだにヒップホップが広がる様子を追った長編ドキュメンタリー映画。制作はパレスチナ人の母とシリア人の父をもち米国で生まれた女性監督ジャッキー・リーム・サッローム氏(39)。「米国人にも身近なラップを通じて、等身大のパレスチナ人を知って欲しかった」と語る。映画でとりあげるパレスチナ人のラップグループのひとつに「DAM(永遠)」がある。2000年の第2次インティファーダ(パレスチナ民衆蜂起)を契機に、パレスチナ問題をテーマにしたラップ「誰がテロリストか?」を発表。未婚の女性が男性と噂になるだけで親族から制裁を受ける「名誉殺人」など、アラブ社会の因習を批判する作品も。前作は動画サイトYouTubeでの再生回数が100万回を超えるという(朝日1/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center