(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *内戦3年、死者14万6千人超
本文テキスト  3月15日で反体制デモの発生から3年。シリア人権監視団(ロンドン)は3年間の内戦の死者が14万6千人を超えたと発表した。また全人口2,300万人のうち国外に逃れ難民認定を受けた者は250万人、国内で家を追われて避難生活を送る人は650万人にのぼるとされる。1月22〜31日にはスイスで和平会議が開かれたが、交渉が継続されるかは定かでない(東京3/15ほか)。
 反体制派内でも、アルカイダ系勢力「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)」と他の反対勢力が主導権争いを激化させている。支配地域でイスラム統治をすすめているISILは、イラクとの国境をまたぐイスラム国家の樹立を目指しているとされ、シリアの枠組みでイスラム統治をめざすイスラム戦線などと対立。ISILは2月2日、アルカイダ本部の指揮に従わなかったとして絶縁宣言されており、これを受けて弱体化した組織メンバーの自爆攻撃が先鋭化するなどさらなる混乱の可能性が伝えられている(毎日1/8ほか)。
[→『ラーク便り』61号44〜45頁、60号40〜41頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center