(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラク
記事タイトル *西部の町をアルカイダ系勢力が制圧
本文テキスト  西部アンバル県のファルージャが1月、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織に制圧された。ファルージャは政府軍などが包囲しており、イラク赤新月社は1万3千を超える家族が避難したとしている。武装組織はイラクで勢力をのばしている「イラク・レバント(地中海東岸)のイスラム国(ISIL)」。スンニ派住民が多数派を占めるアンバル県では、2013年末にスンニ派の反政府デモをシーア派のマリキ政権が強制排除してから混乱が続いていた。イラクでは4月に国民議会選挙が予定されており、アンバル県での軍事作戦は治安悪化によって低下していたマリキ政権の求心力を高めているという(毎日・夕1/18ほか)。イラク全土で治安は回復せず、2013年1年間の死者数は9千人を超えた。2014年に入ってからも1月には千人超、2月には703人が死亡した(赤旗3/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center