(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *シャロン元首相が死去
本文テキスト  1月11日、アリエル・シャロン元首相(85)が入院先の病院で死去した。シャロン氏は1928年、現イスラエル中部のロシア系移民の家庭に生まれた。4度の中東戦争に参戦し、戦功をあげたのち政治家に転身。国防相だった1982年にはレバノン侵攻を指揮し、パレスチナ難民大虐殺を黙殺したとして非難された。2001年に首相就任し、テロ掃討のためとしてパレスチナ自治区にたびたび侵攻したほか、自爆テロ犯の侵入防止策として分離壁の建設を強行するなど、対パレスチナ強硬派として知られた。強引な政治手法から「ブルドーザー」との異名をとったが、イスラエル国内での高い人気を背景に2005年8月、ガザの入植地撤去とイスラエル軍撤退に踏み切り、国際社会から評価された。同年11月にはパレスチナとの2国家共存の方針を打ち出し、右派リクード党を離れ中道政党カディマを結成。しかしその直後の2006年1月に脳出血で倒れ、約8年間意識不明状態が続いていた(朝日1/12ほか)。1月13日にはエルサレムの国会などで国葬が行われ、出席した米副大統領は2005年の入植地撤退の決断を称えた(毎日1/14)。
Copyright(c) Religious Information Research Center