(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン
記事タイトル *ポリオ予防接種スタッフ殺害
本文テキスト  カラチで1月21日、ポリオの予防接種スタッフの男女3人が、男4人のグループによる銃撃を受け殺害された。22日には、北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャワール近郊で、ポリオの予防接種チームの警護に当たっていた警察の車両が爆弾による攻撃を受け、警官6人と子供1人が死亡した。パキスタンでは、2011年に国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンの潜伏先の特定に予防接種運動を装った医師らが関与したと言われ、イスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動(TPP)」がポリオ予防接種スタッフをスパイとみなし、各地でテロ攻撃を行ってきた。2012年半ばから1月21日までの予防接種スタッフの死者数は32人に上る(朝日2/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center