(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国外
大分類 【3.中東】
小分類(国名等) ◆パレスチナ自治政府
記事タイトル *アラファト議長ピンチ
本文テキスト  パレスチナ自治区ガザで7月16日にフランス人援助関係者4人が拉致された事件で、犯行はアラファト議長が率いる自治政府内主流派「ファタハ」系の武装組織である「アルアクサ殉教者旅団」の2つの下部組織によって行われたことが判明(朝日 7/19)。
 また18日に同団体は、アラファト議長が、汚職の疑惑が持たれている親類のムーサ・アラファト氏を警察長官に任命したことに反発し、ムーサ氏が長官を務める軍事情報警察の事務所を襲撃した。アラファト議長を支持してきた「身内」とも言えるファタハ内部からの抗議行動には、汚職と専横が伝えられるアラファト指導部に対する若手層の不満がうかがわれる。ムーサ氏の人事を巡っては、ガザ地区住民も抗議デモを行い、クレイ首相も辞意を表明するなど、自治政府中枢腐敗に対する批判や不満が露わとなり、アラファト議長は苦境に立たされている(読売 7/19・7/22、毎日 7/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center