(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *環境汚染で短命に、政府高官「輪廻ゆえ問題ない」
本文テキスト  米マサチューセッツ工科大学のマイケル・グリーンストーン教授は3月28日、首都ニューデリーで開催されたシンポジウムで、微小粒子状物質PM2.5による大気汚染で、将来インド国民の半数の平均寿命が3.3年短くなる可能性があると発表し、早急な対策が必要と訴えた。これに対し、同シンポジウムに出席していたインド科学技術省のラマサミ次官が反論。「そもそも人間は輪廻で生まれ変わるので、多少寿命が短くなっても問題ない」と主張し、聴衆が苦笑する一幕もあった(毎日3/29)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center