(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *ミンダナオ和平、包括的和平合意書に調印
本文テキスト  3月27日、フィリピン政府と南部ミンダナオ島の反政府武装組織「モロ・イスラム解放戦線(MILF)」が首都マニラの大統領府で包括的和平合意文書に調印した。2012年に枠組合意し、2014年1月には交渉の難関とされていたMILFの武装解除でも合意に達した。今後、2016年のイスラム教徒住民による新自治政府設立をめざす。
 フィリピン人口の約5%を占めるイスラム教徒住民のほとんどはミンダナオ島など南部に集中している。1970年代以降、移民政策によりミンダナオ島に入植したキリスト教徒住民への反発から武力をもちいた分離独立運動が活発化していた。現在2千万の人口を擁するミンダナオ島には、マレーシアや中東諸国などイスラム諸国を中心に諸外国が開発意欲を示している(日経3/28ほか)。一方、MILFと政府との和平合意に反発する武装勢力が残っており、治安の不安定さも指摘されている(毎日2/15)。
[→『ラーク便り』60号35〜6頁、57号30頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center