(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆タイ
記事タイトル *僧侶の反政府デモ参加で論議
本文テキスト  反政府デモで指導役を務める僧侶の存在が、国内で物議をかもしている。タイ社会において僧侶は中立的存在とされ、仏教団は僧侶の政治活動を禁じているが、バンコク出身のイサラ師(58)は2013年秋以降デモに参加、政府施設周辺を占拠する約3千人のデモ隊の中核を担っているという。デモ参加者にとってイサラ師は精神的支柱であるが、中立的であるはずの僧侶の政治参加が国民を惑わすとの批判もある。イサラ師は僧侶がデモを行っているミャンマーの例などをひき、正当性を主張している(読売2/5)。
Copyright(c) Religious Information Research Center