(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *公権力をねらったテロ事件相次ぐ
本文テキスト  ウイグル自治区における政府施設をねらった暴力事件が後を絶たない。1月15日、アクス地区アーバード県の派出所でウイグル人と警察が衝突、ウイグル人3人が死亡、警察官2人が負傷した。同月24日同地区トクス県で連続爆破事件が美容室と市場で発生、公安当局の捜査中にも爆発が発生し、12人以上の死傷者を出した(東京1/25ほか)。
 2月14日、アクス地区ウシュトゥルファン県で警察と武装グループが衝突、11人以上の死傷者を出した(東京2/15)。3月17日、ウルムチ市サイバグ区で警察が刃物を持った男に襲われる事件が起き、警察官が死亡、容疑者が治安当局に射殺された(朝日3/20)。これらの事件の背景には、モスクの使用を禁止するといった宗教活動の規制や、墓地を取り壊しショッピングセンターを建設するなど現地の意向を無視した開発政策がある(朝日2/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center