(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *ウイグル人による無差別殺傷テロ
本文テキスト  3月1日、雲南省昆明市の昆明駅にて男女8人からなる全身黒ずくめの集団が、駅前の窓口や広場などにいた人々を、刃渡り1mほどの刃物で次々に切りつける事件が起き、29人が死亡、140人以上が負傷した。実行犯のうち4人が現場で警察に射殺され、1人が拘束された。現場から逃走した3人も3日に拘束された(日経3/3ほか)。政府は事件をウイグル族による犯行と断定、ウイグル人居住地区の締め付け強化を主張し、5日から開催された全国人民代表大会では「反テロ」のための法整備が必要であることが議論された(朝日3/7)。昆明市は11日までに、殺傷能力をもつ刃物の携帯を禁止する運動を行うと通告。遊牧を生業としてきたウイグル人は、日常的に刃物を携帯する慣習をもつが、同市では期間中は違反の対象となり、最高で3年の懲役が科されることとなった。また危険物に関する有力情報へは2万元(34万円)の報奨金が払われるという(産経3/12)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center