(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *春節の消費や爆竹、庶民は控えめに
本文テキスト  2月6日、商務省は2014年の春節期の全国小売売上高が、前年度と比べ13.3%増の6,107億元(約10兆3千億円)だったと発表した。習近平政権による反腐敗・浪費運動の影響のため、伸び率は2005年以降もっとも低い水準となった(日経2/7)。とりわけ白酒、上海ガニ、月餅といった高価な贈答品の減少が顕著で、国内の高級品購入額は前年度比57.8%減の約3億5千万ドル(約350億円)であった(東京2/12ほか)。また爆竹による微小粒子状物質PM2.5の環境汚染の悪化を懸念し、大量の購入を控えるよう呼びかけるほか、爆竹が使える気象状況を4段階に分けて予報するなどして対応した(赤旗1/31)。2014年の春節は7割の市民が、カラオケや食事会など千元(約1万6千円)以下の予算で過ごしたとされる一方(日経2/7)、富裕層の消費は4万元(約68万円)と試算されており、消費の二極化が目立っている(日経1/29)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center