(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *洛陽でネストリウス派の墓見つかる
本文テキスト  河南省洛陽市の龍門石窟研究所は1月12日、龍門石窟で景教の墓穴が発見されたと発表した。同洞穴の上部には十字架が刻まれており、中国においてもっとも古い景教遺跡のひとつになるという。中国で景教と呼ばれているのは、キリスト教の一派であるネストリウス派のことである。同派は431年のエフェソス公会議で異端とされたが、唐代にシルクロードを通じて中国と交流があったとされている(カトリック2/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center