(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年1月-3月
号数 62
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *八戸強盗致傷「霊に取り憑かれて」主張
本文テキスト  2013年1月に八戸市内の金融機関で起きた強盗未遂事件の裁判員裁判が1月10日青森地裁で行われた。強盗致傷と銃刀法違反の罪に問われた坂下被告は裁判の中で、自身が「霊にとりつかれていた」とし無罪を主張した。弁護側は、被告にはストレスがたまると自分の意思とは異なる発言をするなどの「トランス憑依障害」があったとする一方で、検察側はこれを被告による虚偽であるとし、被告の責任能力の有無が裁判の争点となった。青森地裁は1月22日の判決公判で、被告には「責任能力が認められる」とし、懲役5年の実刑判決を下した(毎日・青森1/10、デーリー東北・八戸1/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center