(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年1月-3月
号数 62
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *尊厳死法案、提出の方針固まる
本文テキスト  超党派の国会議員からなる「尊厳死法制化を考える議員連盟」が、「尊厳死法案」を今年の通常国会に議員立法で提出する方針を固めたことが1月12日、報じられた。「尊厳死法案」は、終末期患者が延命措置を望まない場合、医師が人工呼吸器を取り外すなどして延命措置を中止しても、法的責任を問わないというもの。法案では「終末期」を、適切に治療をしても回復する可能性がなく、死期が間近と判断された状態と定義。15歳以上の患者が延命措置を望まない意思を書面で示し、2人以上の医師が終末期と判定すれば尊厳死が認められる。しかし、延命措置の中止は命の軽視につながるとの反対論も強く、成立は困難であるとの見方も強い(東京・東京1/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center