(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年1月-3月
号数 62
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現・Aleph(アレフ)、ひかりの輪)
記事タイトル *オウム関連番組、BPOが放送倫理上問題と見解
本文テキスト  2012年にテレビ東京が放送したオウム真理教関連の報道番組で、容姿や私信が承諾なく放送されプライバシーが侵害されたとする男性の申し立てに対し、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は1月21日、「放送倫理上問題があった」との見解を公表した。問題とされたのは2012年12月30日に放送された「あの声が聞こえる ―麻原回帰するオウム―」で、若い信者が増えている理由を探るとし、オウムの元幹部や現役信者らを取材したもの。申し立てを行った男性は、番組が紹介したアレフの在家信者で、隠し撮りされてぼかしを入れた顔や、過去の写真、卒業した大学の構内、実家などが番組内で映された。
 BPOは、「放送内容には高い公共性・公益性が認められる」と評価した上で、「プライバシーへの十分な配慮があったとは言えない」と結論づけた(東京・東京1/22、日経・東京1/22ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center