(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年1月-3月
号数 62
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗教と公共性 政教分離と超宗派的観点による発言
本文テキスト  小林正弥・千葉大学教授による論評<宗教と公共性>。小林氏は公共性を国家や「官」から解放し、人々の水平的な観点から捉えなおすとする。そのうえで、コミュニタリアニズム的な観点からは公共的な正義を考えることが必要であるが、そのために<宗教の超越的視点は重要な役割を果たしうる>と主張すると同時に、政教分離の原則から、原発、憲法などや、被災地支援についての超宗派的な観点による政治的発言や活動が大事と唱える。小林氏はハーバード大学「白熱教室」のマイケル・サンデル教授と交流があり、同教室が日本で注目されてから、宗教界でも対話型講義を行っている(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center