(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *檀信徒名簿を電子データ化
本文テキスト  臨済宗妙心寺派は檀信徒組織「花園会」の会員名簿を、4月から電子データ化する作業を始める。伝統教団で初。きっかけは東日本大震災の被災者に対する見舞金支給の混乱。登録もれの会員に届かない事態が生じた。記事には<主な伝統仏教教団で檀信徒名簿やそれに準じるデータを宗派で管理する所はほとんどなく、データベース化し、記載内容を随時更新するシステムを構築するのは前例のない試み>とある。鮎川博道・花園会本部長は「菩提寺を越えて宗派が直接会員に連絡することはない」と<強調>している(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center