(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *葬儀の小規模化 布施額の明示は目前
本文テキスト  特集記事。葬儀の多様化が進むなか、脚光を浴びているのが「家族葬」や火葬だけの「直葬」である。流通大手のイオンでは「月を追うごとに小規模な葬儀を希望する人が増えている」と<驚きを隠さない>。イオンの今年度(2013年3月〜2014年2月)の受注葬儀予約の見込みは約2万5千件。全国のイオンモールでの終活フェアでの相談は5万4千件だった。また布施の目安を提示したイオンに対し全日本仏教会が抗議したことがあったが、葬儀の現状に詳しい薄井秀夫氏は「社会の変化に伴い、お布施の額を明示する時代がもう目前に迫っている」と言う(23日付。関連記事で25日付、28日付、30日付に「伝統葬儀を見直す―ある看取りの医師の死」)。
Copyright(c) Religious Information Research Center