(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *高野山開創1200年へ 空海に導かれる人々
本文テキスト  <空海世界曼荼羅 高野山開創1200年へ>と題した連載。来年2015年がその年であり、空海に導かれる各種分野の僧俗をとりあげている。スイス人のクルト・クブリ厳蔵氏(62)は高野山塔頭無量光院の役僧で、ラオスの貧困層の子どもたちのための仏教学校建設事業支援を牽引している。「大師は芸能と科学と精神性を等しく重視しました。創造性と論理と慈悲深い心で世界に関わるよう教えてくれます」とクルト氏は語る。以下、主な登場人物たち。女流書家・柏木白光氏、アマチュア天文家・大友哲氏、グラフィックデザイナー・杉浦康平氏、シンセサイザー奏者・西村直記氏、東日本大震災犠牲者の回向を続ける鈴木公弘氏、高野山大学教授・武内孝善氏、満濃池の守護寺住職・片山義裕氏など13名(1日付〜23日付まで全9回。関連で7日付に空海の主要著作の英訳本を高野山真言宗が刊行を決定の記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center