(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *安倍首相の靖国参拝に抗議相次ぐ
本文テキスト  2006年の小泉純一郎首相以来、安倍晋三首相が2013年12月26日に靖国神社に参拝したことに対し、宗教者から抗議の声があがった。以下、列挙する。日本カトリック正義と平和協議会、日本宗教者平和協議会、日基教団西中国教区靖国神社問題委員会、日基教団北海教区、日本バプテスト連盟理事会、日本自由メソジスト教団、日本同盟基督教団「教会と国家」委員会、日本キリスト教改革派教会。抗議は、靖国神社の戦前の侵略戦争美化の性格と政教分離違反の点で共通しており、「鎮霊社にも参拝し『不戦の誓い』をされたとしても、近隣諸国の理解は得られない」「東アジアのみならず全世界の人々に日本に対する不信感を抱かせた」との声もあがった(キ18日付、2月15日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center